こんにちは!
寺田ピアノ教室(高槻市)です。

ピアノのレッスンでは、皆、「まる⭕(合格)」を目指して練習してきます。そりゃ、欲しいですよね、⭕。
ふふふ、「まる⭕」って言うだけで話が通じるのは、ピアノを習ってる人だけかなぁ…😊。

⭕への思い

小さい生徒さんなどは、⭕では満足せず、「花丸💮にして!」と、注文されるくらい、⭕へのこだわりがあります。
いえいえ、大きい子ですら、今日⭕を貰おうと、何回でもチャレンジさせて欲しいと、懇願する子もいます。
そうなのです、小さくても、大きくても、ピアノでは、⭕に対する執着は変わらないのです(笑)。
もちろん、そんな思いが子供たちの練習のエネルギーになる訳ですから、先生としても無下にはできません😌。

そして、前回、ある曲で⭕をGETした小学3年女の子Mちゃん。今日また、その曲を練習してきて、聴いて欲しいとのこと。もちろん、私としては、
「聴きますよ!」

小悪魔👿のささやき

先週はレッスンがお休みだったので、その曲を⭕にしたのは先々週。
そういえば、あの時、少しだけ間違えたけど、不合格にするほどの間違いでもなかったので、確か、「何回かお家で弾いといてね」って、私が言った覚えが、、、。
Mちゃん、それをキチンと実行して、もう一度聴かせようとしてくれたんです。

恥ずかしながら、私の思考だと、
⭕を貰ったら、心の中の小悪魔が、
「まぁ、いいやん、⭕なんやし…」と言うかもしれません。⭕を貰ったんだから、練習しなくても誰もとがめません。
でもきっと、Mちゃんにはそんな小悪魔の声は聞こえなかったんですね!えらい‼️

⭕はひとつの区切り

合格した曲は別に、「終わり」ではありません。二度と弾かなくていい(笑)という訳でなく、ただの区切り。
宿題になっている曲以外を弾く時、どんな曲を弾きますか?それ、大事な時間だと思います。自分で楽しむ時間です。

ある程度楽譜が読める子なら、自分で探してきた曲を楽しむこともできますが、そこまで進んでない子なら、⭕をもらった曲を弾くことをお勧めします。慣れた曲ですし、自分の成長ぶりを感じられます。

私は子供の時、終了したバイエルを引っ張り出して、全曲トライをしてました。さすがに、多いので、途中でしんどくなって、やめ~ってことになるのですが(笑)、余裕をもって弾けるので、楽しかった覚えがあります。
生徒さんたちも、合格した曲とも、そんなふうにつきあえたらいいなぁと思います。
その中から自分のレパートリーを作っていけます♪。

⭕が2個!

さて、Mちゃん、再チャレンジはもちろん、よく弾けてました。前回、どこが不味かったのか思い出せないくらいです。2週間弾き続けたんですね。よく頑張りました💮。

もちろん、合格。今度はで⭕にしました❣️

無料体験レッスン大歓迎です!ご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。