寺田育子

子ども~学生時代

私は生まれも育ちも滋賀県の田舎で、外で遊んでばかりの、ピアノとは何の縁もない子供でした。
そんな時、友達の親戚のおうちが楽器店の音楽教室になり、友達と習うことになりました。

私の音楽人生はオルガン(!)を並べてのグループレッスンが始まりです。
もともと歌うことも好きでしたし、皆との合奏も(ただ一緒に同じことを弾くだけでだったしょうが)本当に楽しかったのを覚えています。
オルガンのグループレッスンからピアノの個人レッスンに変わり、嫌がることもなく、順調に続けていけました。

そして、大垣女子短期大学音楽科ピアノ教育コース(当時)に入学にしました。
私はどうやら、ピアノに関してはあがり性だったようで、ピアノの試験のたびに苦労しましたが、恩師のご指導のおかげで、卒業演奏会に出演できました。

卒業後

卒業したら楽器店でピアノ講師になるのが普通の進路ですが、私は考えるべきところ(後述)があり、講師になりませんでした。
Y社の研修を経て、ピアノの調律師として楽器店に就職したのです。

この経験は色々と勉強になりました。
ピアノのことはもちろん、楽器店のこと、訪問した色々なお宅のお母さん方のお話。
すぐに講師になっていたら知らなかった世界でした。

その間もレッスンは受け続け、楽器店で開催される指導者の講習にも参加し、「教える」ことからは離れないようにしていました。
そして短大の恩師の勧めで、大きい子のソルフェージュ指導から始め、少しずつ小さい子のピアノの指導をすることになりました。

そして結婚して、ここ高槻に住んでから本格的にレッスンを始め、約20数年、現在に至っています。

なぜすぐに指導者にならなかったのか

どうして短大を卒業してすぐにピアノの先生にならなかったのか。

短大では演奏や音楽の知識の教育は受けましたが、「ピアノを指導する教育」はほとんどありませんでした。
そんな状態で子供達を指導することに抵抗があったのです。
今から思うと、怖かったのかもしれません(楽器店に入れば研修もあったでしょうにね)。

指導方法を知らないということは、自分が習ってきたようにしか教えられません。
特に小さい子の指導は自信がありませんでした。
自分が小さい時のことなど、どれ程わかっているでしょう?

どの分野の指導者の誰もが悩むように、「この指導方法でいいのか?」と私も考え、色々な指導の勉強をしました。
が、今一つ納得がいかず、悩む日々。

そして出会ったのが北村智恵先生です。

新しい出会い

北村智恵先生は、現在、使用している『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本』を書かれた先生です。

すぐ先生の指導者ゼミにお世話になりました。
そこで指導に関する心構え、ノウハウをじっくりご指導頂きました。
多くの教材も学び、それまで悩んで来た年数をふっ飛ばしてくれる衝撃的な出会いでした。

「音楽する」

北村智恵先生の指導論からは多くを学びましたが、特に感銘を受けたのは「最初から音楽する」ということです。

それは習い始めのドの音から何かを表現することです。同じ曲で様々なアプローチをします。(いろいろな弾き方をすることになる)ということは、一つ一つの課題をじっくりやって進むことになります。同じ曲でやるので、本人にとっては新たに譜読み(楽譜を読む)の苦労をすることなく、別の表現にチャレンジできることになります。

※こちらもどうぞ→「音楽を表現することにおける、びっくりの成長①~小学2年女の子Mちゃん(高槻市)」

曲を味わうレッスン

そして何より、「音楽する」ということは理屈抜きに楽しめます。

もし、「音楽する」ことなしにやったとしたらどうなるか(以前の私ですね)。楽譜通りに弾けたら○なので、次々と新たな曲に進むことになり、弾くことが「作業」になってしまいます。

中には、弾くこと自体、進むことが楽しいと思うお子さんもいらっしゃるでしょう。でもせっかく時間をかけて譜読みをしたのにもったいない!いろんな表現で1曲を味わって欲しいです(※1)。

はじめから音楽的に!

以前の私はある程度弾けてから音楽的な指導を、と考えていましたが、根本的にに間違っていました。最初にやってないことは途中からはできないのです。

そして「幼いから…」とか「初めてだから…」などの理由は関係なく、できるように仕向けていく、できるまで「待つ」姿勢が大切だと先生にご指導頂きました(※2)。

おかげさまで信念を持って指導出来るようになったと思っています。

具体的なレッスンを心がける

もちろん、自分の演奏を磨くことは、大切で怠ってはいけないことです。

けれども指導となるとそれだけでは不十分で、その根拠と具体的な方法を知らないとできないし、やってはいけないと思っています。
生徒のお尻を叩いてばかりでなく、私も指導者でいる限り、日々勉強です。

※1 参考ブログはこちら→「素敵に音楽体験しました!~小2女の子Mちゃん」

※2 参考ブログはこちら→「幼いからこそできます!~年長6才女の子Eちゃん(高槻市)」

家族

写真撮影の好きな夫と大学生の娘との3人家族です。

夫の写真撮影はストリート撮影。街行く人を撮影するのですが、コロナ禍の今は、自粛中です。

娘もピアノを弾きます。
普通、ピアノの先生は自分の子供は他の先生にお任せするようですが(私もそのつもりでした)、北村先生がおっしゃった一言「自分の子供も教えられないのに、どうしてよその子供を教えられるの?」に目から鱗で、最初から自分で指導することにしました。

自分の子供だから色々試せる利点もあるよと、誰かに言われましたが、その様な余裕はありませんでした。
やはり我が子となると、感情的になった時もあったと思います。
娘はもろともせず、「そんなものだ」と思っていたらしく(笑)、嫌がらずにレッスンし続けました。

ショパンやベートーベン等も弾きますが、今はジャンルにこだわらず、弾きたい曲を弾いていますし、私と連弾もします。

ちなみに大学は音楽専攻ではなく、ピアノは趣味の一環です。
ギター、トランペットも演奏しますし、楽譜のない曲は耳コピで弾くようにもなりました。
彼女なりの音楽生活を満喫しています。

趣味

趣味は園芸です。
マンションの狭いベランダで草花や好きな野菜を育てています。
よく、植物達に喋りかけたりして、家族には変な目で見られています。

家族で山登りもします。娘が忙しかったので、長い間、登れていませんが、そろそろ再開したいです。

好きなこと

韓流ドラマが好きな多くのおばちゃんの中の一人でもあります。
おもしろすぎてやめられず、夜更かししてしまうことも度々…。
その度反省しますが、やめられません。
字幕無しで理解したいと思い、韓国語も習っていますが、なかなかそこまでは至っていません(泣)。