別所本町からお通いの、年少4歳女の子Nちゃん、入会されて、早くも3ヶ月。
最初はなかなか声が聞けなかったけれど、近頃は「ドレミー」っと大きな声を出してくれるようになりました。
お母さまのお話では、時間より早く到着して、待っている車の中で、「早く行こう!」と言ってくれているようで、嬉しい限りです\(^-^)/。

お子さんによっては、たくさんおしゃべりをして、楽しさを全面に出してくれる子もいれば、Nちゃんのように、黙っていても、うっすら笑みを浮かべて、楽しんでいるお子さんもいます。
我が子は、笑みすら浮かべず、「真剣に」楽しんでいる子供でしたから😅、ホントにわからんものです。

さて、そんなNちゃん、先週から2本線の楽譜に取り組んでいます。
まずは、キャラクターのドレミで「せん」や「かん」に目を向けるように仕向けます。
幼児は、「かん」には目が向きにくいので、音符をキャラクターにする利点はここにもあります。

今日はワークブックの2本線の楽譜にド、レ、ミのシールをはったり、ボードに音符のマグネットを置いたりもしました。こうやって、少しずつ音符を読むようにしていきます。
Nちゃん、始めてでしたが、ボードに音符を置くのがスムーズにできました♪。

その後、歌ったり、ピアノベルを叩いたりしました。

また、来週✋。