別所本町からお通いの、年少4歳女の子Nちゃん、2本線や5本線の楽譜を読み始めています。

ト音記号🎼で、ド、レを読みました。ボードのマグネット音符でやりました。
でもNちゃん、自信がないのか、なかなか声に出して読みません。
お口がそのように動いているので、
私:「それであってるよ、言ってみて~」
と言ってもなかなか!
始めの音を私が言うと、続けてNちゃんも読んでくれます。

確信が持てるまで、こうかもしれませんが、仕方がない。待ちましょう。自信は少しずつついてきますし、他のことで確認できれば、私としてはOKです。

案の定、譜読みのテキストを見せると、スラスラと声に出して読んでくれました。「ミ」の入った問題も読めました。やり方を変えるとできましたね。4歳さんのあるあるです。

それから、音符を追う練習もしました。譜読みのつまづきの原因のひとつに、音符を追えないことがあります。
ただの●を指さししたり、リズム譜で音符を指さししたりしました。左右の切り替えが難しいかな?頑張りましょう。

ピアノを弾くための準備をどんどんやっています。

今回が今年最後のレッスンですから、これからの進め方などをお母さまにお話ししました。
新年からは、いよいよ、ピアノを弾きます。
楽しみですねっ😄。

ではまた、来年に✋。