年少4歳女の子Kちゃん、先週に引き続き、マルカートとスタッカートの練習でした。
何週間も頑張っていますから、マルカートそのもの、スタッカートそのものは上手に弾けるようになってきました。

でも、ひとつ気になったのは、、、
マルカートで、「ドードードー」と弾くべきところが、スタッカートのように、「ド、ド、ド」となっています。
な~んだ、それくらい!と思われるのですが、それは聴きのがしません。スルーもしません😌。いい加減には聴かないようにします。

確かに、「ド」だけを左右交代で弾くので、切れてしまいそうですが、ギリギリまで音を延ばせば、繋がります。それは、4歳さんでも必ずできます。

まず、私が、よい例と悪い例を弾き、Kちゃんに、聴き比べて貰いました。
「何がちがう?」

🎶🎶🎶
Kちゃん、一生懸命聴いていますが、困っています。
Kちゃん:「もう一回…」

少しオーバーに弾きました。

🎶🎶🎶

Kちゃん:「…はなれてる…」

4歳さんなりの言い方ですが、当たり!

説明して、直します。
そこだけ弾くと弾けますが、いざ、曲として繋いで弾くと、またまた、先程のように、切れてしまいます。
私:「‼️あれっ!今、どうだった?つながってた?」
Kちゃん一瞬考えて、
「きれてた」
聴けるようになってきました。はい、もう一度。

何度かやり直しして、聴けるようにも、弾けるようにもなりました。
失敗しても、笑いながら、ちゃんと最後までやりきりましたね!

最後に、最初からとおして、仕上げました。合格💮です!

たったの3音。ホントに些細なことですが、そんなことで、自分の放つ音をよく聴く習慣を身につけます。
今やらなかったら、いつやるの?です!

また、来週✋。