マリアインマクラダ幼稚園年少4歳女の子Kちゃん、ただ今、『異名同音』に取り組んでいます。
『異名同音』とは、「見た目は違うけど、同じ音」のことです。大譜表(二段譜面)で表記されるピアノではよくあります。

Kちゃんの取り組んでいるのは、「レ」と「シ」の音。
ト音記号とヘ音記号でそれぞれ「レ」も「シ」も同じ音を弾きますが、表記は全然違います。それを完全に理解して、弾けるようになって欲しいです。

今やっている曲の中にも、その音たちが出てきます。
Nちゃん、間違えずに「同じ音」を弾いています。
でも、弾けているからといって、理解できているとは限りません😌。
弾けているので、読めますから、書いて確認します。

聴音(音とり)をして、書いて貰いました。
お家でも、お母さまに弾いて貰って書いていますから、今日はその確認。

私:「第1問!」
Nちゃん:「ジャジャン!」
ふふ、クイズ番組モード、いいですねぇ、楽しくやりましょう♪。

<♪ポーン>
Nちゃん:「ド!」
私:「あたり🎯!ヘ音記号の方で書いて!」
Nちゃん、ちゃんとヘ音記号の「ド」を書きました。

私:「第2問!」
Nちゃん:「ジャジャン!」

<♪ポーン>
Nちゃん:「シ!」
私:「あたり🎯!」
Nちゃん:「どっち?」
私:「ヘ音記号の方で」

……と、こんな感じで、ト音記号とヘ音記号の「レ」や「シ」を書いていきました。
少し、書く方に悩むこともありましたから、今週も宿題にしました。
でもNちゃん、同じ音であることは理解しています。
もう少し頑張ろうねっ😉。

また、来週✋。