こんにちは(*^^*)
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

鍵盤から手を離した、年少4歳女の子Kちゃんの小さなお手々が、ポキッと曲がります。

Kちゃん、今日はスタッカートを弾きました。
その時の脱力の様子です。

おばけ~

スタッカートは、音を短く切ります。ですから、弾いた瞬間、脱力して、すぐに手を鍵盤から離します。
その、脱力を私が前回、
「おばけだぞ~」って感じで!
と、説明したものですから、Kちゃんは忠実に真似してくれた訳です(笑)。それが、前述の「ポキッ」。
😮私、ちょっと驚きましたが、真面目にやっている様子が微笑ましくもあり…😊。
でも、音は短く切れていて、響きのあるスタッカートになっています♪。4歳でも、立派にこんなスタッカートができます!

あ、もちろん、「ポキッ」は直さないといけませんが…(^^;。すぐには直らなくても、お話しはします。

マルカートとスタッカート

今日の2曲は、マルカートで弾く曲、スタッカートで弾く曲です(※)。でも、音符が同じなので、譜読みは一回で済んで(楽♪)、弾き方を変えるだけなのです。そして、それを繋いで弾きました。

🎶🎶🎶

見事にマルカートとスタッカートの「弾き分け」ができました!
パチパチパチ👏
私の拍手に合わせて、
お母さまも拍手。後ろで盛り上げて下さいます。

もちろん、Kちゃんも嬉しい笑顔です。
できると嬉しいよね\(^-^)/

毎日、コツコツ練習しているからです!
マルカートも頑張ってやっていましたからねっ。
やはり、「まだ4歳だからできない」などの思い込みは持ってはいけませんね。

さて、次回はどんなことをやろうかな?
また、来週✋。

※ こちらもどうぞ→「年少4歳女の子Kちゃん(高槻市)のレッスンでした~小さいけれど、はっきりした音」

無料体験レッスン大歓迎です!ご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。