こんにちは(*^^*)
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

年長5歳女の子Iちゃん、前回から、「ド」だけの曲にチャレンジしています。

耳を澄ます

「ド」だけの曲は、侮ってはいけません(※)。やるべきことが、たくさんあります。

Iちゃんは前回、楽譜を見て、リズムどおりに、左右の手も間違えず、この曲を弾きました。

でも、それで終わりではありません。ここからが大事。

まず、音の長さ、強さをそろえます。

と、その前に、音のしっぽを聴きました。
「音のしっぽ」とは、音が無くなる瞬間です。

弾いた瞬間は、誰でも聞きますが、音を聴き続けることはなかなかできません。
でも聴けないと、自分の音の長さも、長いんだか、短いんだかはわかりません。音の切れ方に注意を向ける練習です。

Iちゃん、最初は、まだ音が鳴っているのに、「無くなった」と言っていましたが、だんだんと、耳を澄まして聴くようになりました。

<♪ポーーーーン>

じっと、黙って、耳を傾けます。Iちゃんの目が、「ん?無くなったかな?」って感じているのがよくわかりました。

こんなことから、自分の音を「じっ」と聴くようにしていきます。

※ こちらもどうぞ→「「ド」だけの曲から学ぶこと① ~あなどるなかれ、最初が肝心!」

音をそろえました

「ド」の音だけでも、「ドッ」って弾いたり、「ドー」って弾いたりしますから、それを聴いて、そろえます。

🎶🎶🎶
Iちゃん、1ヶ所、長い「ドー」がありました。
私:「どうだった?」
Iちゃん:「ひとつ、まちがってた」

「まちがってた」=「そろってない」なのです。
幼いお子さんは、こんな言い方をよくします。
私:「そう!よくわかったね!」

ひとつずつ、直していきました。

今日のお家での練習は、音を揃えて、繰り返して、指を変えてくる練習です。
あれこれ、大変です!
頑張って👍。

お母さまを誘って

先週の練習状況を確認するレッスンノートを見せてもらうと、、、
まあ、見事に毎日、「5かい」、「10かい」と、練習する内容別に書いてくれてます。シールも✴️。
カウントしてくださるのは、お母さまです。

私:「毎日、お母さんが練習しよう!って言ってくれるの?」
Iちゃん:「ううん、さそうの」
私:「あっ、Iちゃんが、やるよーって誘うんや」
Iちゃん:「うん❣️」

\(^-^)/いいですね🎵、この調子で、お願いします。

無料体験レッスン大歓迎です!ご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。