こんにちは!
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

今回も引き続き、当ピアノ教室の『プレピアノコース』(※1)の体験レッスンをご紹介します!

体験レッスンはお一人30分、概ね、以下の内容です。

・手や指先を動かす
・ピアノを弾く
・リズム叩きの体験
・ドレミファソの認知

※1:こちらもどうぞ↓

「レッスン案内」

「体験レッスンってなにするの? ~ピアノはじめてさんの体験レッスンを覗いてみよう!①」

ひとつずつ、項目ごとにお話しします。

手や指先を動かす

まずは、緊張をほぐすためにも、手や身体を動かします。

以下の、どの活動も歌にのせて、楽しく行います。

・手首の回旋運動や脱力を経験
・左右の認識
・手拍子で音の強弱の体験
・ピアノを弾く手のフォームの体験
を、やります。

小道具として、
折り紙で作った『パクパク』さんやタンブリンを使います。

体験なのに

ちょっと以外に思われたかもしれませんが、
体験レッスンなのに、早くも、ピアノの手の形にこだわるのか!と。
そうなんです。体験だからこそ、「これから、毎回こんな活動をやりますよ~」というリアルな活動をやって頂きたいのです。

そして、ピアノのレッスンの体験ですから、ピアノは弾かないとね!
さあ、いよいよピアノを弾きます!

ピアノを弾く

ピアノは幼児にとって、大きな楽器です。
まずは少しでも、鍵盤になじむために、イラストを見て、そのイメージで
鍵盤を「ぐー」や「ぱー」の手で叩いたり、ジャンプしたり、ゴロゴロしたりします。

弾くといっても、楽譜を見て弾くわけではありません。弾けませんからね。

でも、本物に触れることは大事。端から端まで、白鍵、黒鍵すべて、弾きます。レッスンでは、弾いたり、止まったり、自制心も養います。

小道具は、
手品仕掛けのイラスト『まほうのたまご』

これには、子供たち大喜びっ♪。

手品仕掛けの小道具で、子供たちの緊張もほぐれます。

お次は、リズム体験です。リズム叩きは子供たち、みんな大好きです!

リズム叩きの体験

これまた、歌にのせて、リズム叩きをします。

リズム音符をカードで見せますが、イラストでリズム音符ができていますから、初めてでも全然大丈夫。お子さんは、正しく反応してくれます。
最初は、真似っこから始まり、少し練習問題を出し、考えながらのリズム叩きです。
練習問題と言っても、歌にのせて進むので、楽しい練習です。

小道具は
リズムカード、タンブリン。

お次はいよいよ、ドレミファソを体験します。これをやらないと、体験にいらした意味がありません!

次回をお楽しみに!

※:続きはこちら→「体験レッスンってなにするの? ~ピアノはじめてさんの体験レッスンを覗いてみよう!③」

※:こちらもどうぞ↓

「眠かったけど…元気全開に!~年中4歳女の子Rちゃん(高槻市)の体験レッスン」

「黙々と体験レッスン♪でもかすかに歌声が!~年少4歳女の子(高槻市)Nちゃん」

ずっとニコニコの体験レッスン~3歳女の子Kちゃん(高槻市)の体験レッスン

「はじめてのピアノに向けての楽しいレッスン♪~年少4歳男の子Tくん(高槻市)の体験レッスン」

3歳さん、4歳さん!楽しい教材でレッスンしませんか?無料体験レッスンご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。