こんにちは!
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

今回も引き続き、当ピアノ教室の『ピアノコース』(※1)の体験レッスンをご紹介します!

体験レッスンはお一人30分、概ね、以下の内容です。

・手や指先を動かす
・鍵盤の認識
・ピアノを弾く
・リズム叩きの体験
・ドレミファソの認知

ひとつずつ、項目ごとにお話しします。

※:前回ブログはこちら→「体験レッスンってなにするの?第2弾~小学校低学年さんの体験レッスンを覗いてみよう①」

※1:コースの詳細はこちら→「レッスン案内」

手や指先を動かす

まずは、緊張をほぐすためにも、手や身体を動かします。

以下の、どの活動も歌にのせて、楽しく行います。

・手首の回旋運動や脱力を経験
・左右の認識
・手拍子で音の強弱の体験
・ピアノを弾く手のフォームの体験
を、やります。

小道具として、
折り紙で作った『パクパク』さんやタンブリンを使います。

体験なのに

ちょっと以外に思われたかもしれませんが、
体験レッスンなのに、早くも、ピアノの手の形にこだわるのか!と。
そうなんです。体験だからこそ、「これから、毎回こんな活動をやりますよ~」というリアルな活動をやって頂きたいのです。

当ピアノ教室では、手の形については、始めからご指導しますので、手に興味を持つことは大切です。
とはいえ、安心して下さい😊。誰でもできる、簡単な活動です♪。

そして、ピアノのレッスンの体験ですから、ピアノは弾かないとね!
さあ、いよいよピアノの前に行きます!

鍵盤の認識

ピアノの鍵盤を知る為の活動です。
・大きさを見る
・色を見る
・黒鍵のかたまり(3つ、2つ)を探す
・高低を体験する

子供たちは、座ってしまうと、鍵盤を端から端まで弾くことはできません。ですから、ピアノの大きさや音の高低の認識が分かりにくい。台の上に立ったりして、少し高い目線で、全体を見渡します。そして、実際に弾いて、白鍵と黒鍵、音の高低を体験します。

見たあとは、黒鍵の3つのかたまり、2つのかたまり探しです。鍵盤を「ぐー」や「ぱー」の手で叩いたり、ジャンプしたり、ゴロゴロしたりします。
「ド」探しもします。

それから、鍵盤を使って、私との真似っこクイズをします。
お子さんが先生になって、私が真似っこするパターンもあり、これ、みんな、喜びます♪。

ピアノを弾く

既に、ピアノは弾きましたが、ここで、私との初連弾!
でも、心配ご無用。前述の「ぐー」や「ぱー」を使ってできる連弾曲があるのです。(立派に楽譜もあります!)
弾くタイミングは私が合図しますから、その場で弾けて、完成です。

次回はいよいよ、リズム叩き、そして、大きい鍵盤?でのドレミ体験です!

※こちらもどうぞ→「体験レッスンってなにするの?第2弾~小学校低学年さんの体験レッスンを覗いてみよう③」

※実際の体験レッスンはこちら↓

「ものおじしません!元気な体験レッスン~年長5歳女の子Aちゃん(高槻市)」

「30分でたくさんの音楽体験!~年長5歳女の子Iちゃん(高槻市)の体験レッスン」

楽しい教材でレッスンしませんか?無料体験レッスンご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。