こんにちは!
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

今回も引き続き、当ピアノ教室の『ピアノコース』(※1)の体験レッスンをご紹介します!

体験レッスンの内容はお一人30分、概ね、以下の内容です。

・手や指先を動かす
・鍵盤の認識
・ピアノを弾く
・リズム叩きの体験
・ドレミファソの認知

※:前回ブログはこちら↓

「体験レッスンってなにするの?第2弾~小学校低学年さんの体験レッスンを覗いてみよう①」

「体験レッスンってなにするの?第2弾~小学校低学年さんの体験レッスンを覗いてみよう②」

※1:コースの詳細はこちら→「レッスン案内」

前回から引き続き、今度はリズム体験です。リズム叩きは子供たち、みんな大好きです!

リズム叩きの体験

歌にのせて、リズム叩きをします。

リズム音符をカードで見せますが、イラストでリズム音符ができていますから、初めてでも全然大丈夫。お子さんは、正しく反応してくれます。
最初は、真似っこから始まり、少し練習問題を出し、考えながらのリズム叩きです。
練習問題と言っても、歌にのせて進むので、初めてのリズムでも楽しい練習です。

小道具は
リズムカード、タンブリン。

お次はいよいよ、ドレミファソを体験します。これをやらないと、体験レッスンの意味なし😉!

ドレミファソの認知

まずは「ドレミファソラシ」の紹介をします。

紹介とは、テキストでは「ドレミファソ」はキャラクターになっています。なので、紹介するって事になります(※2)。

テキストでお話しして、ドレミのイラスト付きのマグネットでドレミの順番をお勉強。子供たちはマグネットが大好き!楽しく、並べます。

ドレミのペープサート(紙人形)で、ドレミの階段を体験します。

小道具は、
ドレミのマグネット、ペープサート、ドレミの階段。
そして、ピアノベル🔔(デスクベル)。

ドレミをキャラクターで教えるのは…

ドレミをキャラクターで習う事に抵抗がある親御さんもおられると思います。私も思ってました(※2)。
でも、当の子供たちに抵抗がないのです。というより、人気があります。そして、何より覚えやすい。
レッスンでは、幼いお子さんと違い、早くに本当の音符に移行していきます。
今回は、体験レッスンなので、キャラクターでやります。そうすると、音符を読めなくても演奏できるのです!

※2こちらもどうぞ→「3歳さんからのレッスン①~音符をキャラクターで学ぶから始めやすく、慣れやすい!」

ピアノベルを弾きます♪

ドレミの階段を体験したら、今度はそこに音を追加します。それができるのはピアノベル(デスクベル)だから。

ーーーピアノベル(デスクベル)ーーー

ピアノはまだまだ、上手く弾けませんが、ピアノベルならその場で上手に叩けます。
階段上に置いたピアノベルや大きい鍵盤(ピアノベル内蔵)でドレミファソを体験します。

たかがベル、されどベル。きれいな音がします。最初から「きれいな音」にこだわります♪。

本当のレッスンでは、理解度に応じて、ここからマグネット鍵盤、そしてピアノへ移行していきます。

最後は歌います

ドレミを認識したところで、音符は読めませんが、私の真似をして、ドレミを歌います。

ピアノに合わせて、「ドレミ」、「ドシラ」、「シラシ」…歌ってドレミの順番を認識します。

これで、30分。あっという間です。
お疲れさまでした~。

体験終了後に

最後に、お母様とお話しさせて頂き、指導のポイント、具体的なレッスンのシステム、教室要項をお伝えします。

また、ご不明な点、質問をここで伺い、疑問が残らないようにして頂いています。

概ね、この様な感じで進めていきます。
幼いお子さん対象の『プレピアノコース』の内容と被る部分はあります。それは、やはりピアノを弾く前の準備を丁寧にやりたいからです。これらをやっていると、ピアノを弾く時が楽になります。

そして、『プレ…』とは違い、ピアノへの取り組みは圧倒的に早く、頻繁になります。ここが、大きく違います。
もちろん、お子さんの習熟度によって、内容の調整はします。

どのコースもですが、当ピアノ教室では、

「自分の意思で動く」

を、大切にしています。ですから、先生が、手を取って弾かせたりすることはしません。子供達の意思と習熟度に合わせて、レッスンします。

いかがでしたか?

さあ!まずは、やってみる!がいちばんです。
構えずに、一度、体験レッスンにお越しになってはいかがですか?

※実際の体験レッスンはこちら↓

「ものおじしません!元気な体験レッスン~年長5歳女の子Aちゃん(高槻市)」

「30分でたくさんの音楽体験!~年長5歳女の子Iちゃん(高槻市)の体験レッスン」

楽しい教材でレッスンしませんか?無料体験レッスンご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。