こんにちは!
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

以前、当ピアノ教室の『プレピアノコース』の体験レッスンをご紹介しました(※1)。
主に3歳、4歳さんの、ピアノを習う為の前段階コースの体験レッスンについてです。

今回は、『ピアノコース』の体験レッスンをご紹介します。対象は、6歳前後、少し大きいお子さん、ピアノが初めての方です。

※1『プレピアノコース』の体験はこちら→「体験レッスンってなにするの? ~ピアノはじめてさんの体験レッスンを覗いてみよう!①」

※コースの詳細はこちら→「レッスン案内」

事前ヒアリングから始まります

体験レッスンのお申し込みは、こちらの→「無料体験レッスン」をクリックして、お申込みフォームに順次記入して頂くと、私にメールとして届きます。
もちろん、お電話でのお申し込みでも結構です。
その連絡を受けて、私からお電話でご連絡します。

そこでは、少し、お子さんの事をお聞きします。
お子さんの年齢、性別、音楽経験、性格。
ひらがな等の習熟度もお聞かせ下さい。
その他にも、お子さんの事をお話し頂いて構いません。しっかりお聞きします。
そして、体験レッスンの日時を決めます。

そして、体験レッスン当日です!

ご挨拶

どんな年齢のお子さんでも、ご挨拶からスタートです。そして、ご本人にお名前、年齢をお聞きします。

緊張しますね~。私も緊張してます(笑)。
未就学児さんは、親御さんのご協力、関わりをお願いしますが、小学生さんはできるだけ、ひとりでの活動をうながします。
ですから、恥ずかしがり屋さんも、頑張って、ご自分での紹介をお願います。

概ね、5種類の活動

当ピアノ教室では、ピアノの最初のテキストは、『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本1~3巻』(北村智恵編著)を使用しています。
ですから、体験レッスンも、このテキストを中心に進めていきますが、ドレミの認識、習得に関しては、『どれみブレンズ』を使用します。

—-テキスト『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本1巻』—-

この二本立てで、お一人30分。以下の目的で活動します。

・手や指先を動かす
・鍵盤の認識
・ピアノを弾く
・リズム叩きの体験
・ドレミファソの認知

ドレミを習得するのは、容易な事ではありません。始めの段階をおろそかにすると、後々、時間がかかることになります。
そこで、当ピアノ教室では、3歳から5歳さんを対象にした『どれみフレンズ』という教材も併用します。
『どれみフレンズ』は小学生には一見、幼稚に思えます。でも、それは大人目線。子供たちは、抵抗なく受け入れてくれます。と、言うより人気です!
幼いお子さん向けの教材ですが、6、7歳さんならレベルを上げて活動できます。

ーーー『どれみフレンズ』テキストーーー

次回からひとつずつ、項目別に、具体的にお話しします。

※次回ブログはこちら→「体験レッスンってなにするの?第2弾~小学校低学年さんの体験レッスンを覗いてみよう②」

楽しい教材でレッスンしませんか?無料体験レッスンご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。