こんにちは!
寺田ピアノ教室(高槻市)です。

「これ、かわいいぃ❣️」
年長5歳女の子Nちゃん(高槻市)は『どれみフレンズ』のキャラクターが大好き。

Nちゃんは、1ヶ月前に、他所のピアノ教室から移って来られました(※1)。
楽しく譜読みをするために、冒頭の『どれみフレンズ』のテキスト(※2)、ピアノを弾くテキストとして『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本』(※3)を使ってレッスンしています。

そして先週までは、お母さまもレッスンにお付き合いして下さいましたが、今日はNちゃんを送り届けて、帰られました。Nちゃん、嫌がる様子もないので、もう当教室に慣れてくれたかな?

とはいえ、入会1ヶ月なので、始まったばかり。取り組んだことがそんなにたくさんあるわけではありません。

でも今は、できないことよりも、できるようになったことに目を向けたいです。

※1 参考ブログ→「お歌大好きさんの体験レッスン!~年長5歳女の子Nちゃん(高槻市)」
※2 参考ブログ→「3歳さんから無理なく、楽しいレッスン♪」
※3 参考ブログ→「「当教室のピアノレッスン内容」

自分でできます

何かを習う時、礼儀として、ご挨拶を習慣にします。ピアノももちろん、始め、終わりの挨拶は徹底します。最初は、なかなか言えないので、
私:「はい、始めます!おね…」
と、きっかけの言葉を言ってましたが、今日は自分から、
Nちゃん:「よろしくお願いします!」
👏誰に促されるでもなく、私の目を見て、きちんと言えました。
テキストの準備、ピアノ椅子の高さ調整。自分でやります。

音を聴くようになりました

音を「聴く」ことは、促して、習慣づけしないとできません。当ピアノ教室では、最初に「聴く」指導をします(※4)。
Nちゃん、初めてのレッスンでは、自分がどの様に弾いたかは 「❓」でしたが、今日は、
「ここが、だめだった」と、
楽譜を指差しして、具体的に言えました。

※4 こちらもどうぞ→「「ド」だけの曲から学ぶこと① ~あなどるなかれ、最初が肝心!」

音をそろえて弾いてます

聴けるから音もそろえられます。「ド」1音ですが、全部同じ大きさ、長さにするのは、その気がないとできません。頑張って取り組んでいます。
時々、鍵盤から指が外れてしまいますが、ずいぶん、そろってきました。

毎日自分で練習しています

誰しもですが、Nちゃんも練習は嫌いです。出会った時から、
「ピアノ、いや~」
と、言われてしまったので😅、
練習に対して何のイメージも持っていないお子さんと比べると、悪いイメージを払拭しなければいけません💪。

でもそんなNちゃんですが、初回に私と練習の約束をしているので、毎日5分の練習はほとんどやっています。えらいですね‼️
今は嫌々かもしれません。でも、頑張ってくれているので、私もレッスンを工夫して、「やりたくなる練習」を出さなくては!
待っててねっ🎶

譜読みを頑張っています

冒頭でお話しましたが、幸い、『どれみフレンズ』は大好きなので、譜読みのレッスンでは口数も増えます。
「これ、かわいい」と、
どれみのキャラクターを指差して言います。

 

もう、キャラクターでなくても読めるのですが、
Nちゃん:「これでやりたい~」

 

キャラクターで音符に慣れたら、音符に徐々に変えて、音符を読めるようにしています。
でも、Nちゃんはキャラクターでやりたい…。

ですから、お家では、裏面がどれみのキャラクターになっている音符カードで遊んでくれてるようです。「好き!」が一番ですから、今週はその音符カードの読みの練習もやりました。

※参考ブログ→「3歳さんからのレッスン①~音符をキャラクターで学ぶから始めやすく、慣れやすい!」

私の課題

Nちゃんとのレッスンは始まったばかり。これからの「ピアノ生活」が、楽しくなるようにするために、早く「プラス」のイメージにするのが、私の目下の課題と思って、色々、作戦を用意しています😉。
でも、焦らず、確実に進めていきたいです!

無料体験レッスン大歓迎です!ご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。