今回は、これから当ピアノ教室(高槻市)でピアノを習い始めようかとご検討の方へ、教室の「ピアノコース」(※)ではどんなレッスンを行っているのかを2回に分けて、お話しします。

※コースの説明はこちら→:「レッスン案内」

ピアノが弾けるということ

ピアノはすぐに音が出るので、正直、先生なり、誰かの真似をすれば、その日に何かしらの曲を弾くことはできます。(実際、時々、そうやって遊ぶ、馴れることはします^^)。

ただし、それはピアノが弾ける事とはちょっと違いますよね?やはり、「弾ける」というのは、自分で楽譜を読んで、自力で弾けるようにすることで、ピアノのレッスンではその基礎作りと弾けるようになる手助けをします。

レッスンメニュー

当ピアノ教室(高槻市)のレッスンは通常、1回30分。
実際のレッスンでは、ピアノを弾くだけではなく、楽譜を読んで弾けるようにするために、様々な事をやります。
それは大きく分けて、4つ。

  • ピアノを弾く
  • 楽典(音楽のきまり)を身に付ける
  • 音符を読む、書く
  • ソルフェージュ(歌う、聴く、リズム感を養う)

内容は、個別指導の教室であれば、概ね、どこの教室でもこのような事を指導していると思います。
そして、指導者の考え方で教材、やり方が大きく変わります。特に教本は大事です。

教本

当ピアノ教室(高槻市)ではピアノを初めて習うお子さんには、教本として『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本1~3巻』(北村智恵編著)を使用しています。

—-テキスト『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本1巻』—-

絵本の『ピーターラビットのおはなし』をベースに作られているので、見た目、とても素敵です。しかし、デザインも然ることながら、内容はもっと素晴らしいのです。

この教本は1曲、1曲の目的が明確で、一度にあれもこれもというような要求がなく、確実に力をつけて進んでいけます。

そして無理なく、手の形や打鍵法にも取り組むことが出来るようになっているので、最初から色々な表現ができ、音楽を楽しむことができる素晴らしい教本です。

目的をもって

『ピーター…』はその曲ごとの目的が明確です。
例えば、同じ音符で、新たな譜読みの苦労なく、奏法(弾き方)を変える事を学び、習得します。ですから、それ以外の、例えば、新しい音を覚えたりするようなことはなく(これらの音は既に習っている)、弾き方にこだわる事に集中できるようになっています。

※こちらもどうぞ→「「ド」だけの曲から学ぶこと① ~あなどるなかれ、最初が肝心!」

「習い始めからいろいろな弾き方で!①~音で何かを表現するために」

ついでに楽典も!

前述した『楽典』ですが、その時間を特に設けているわけではなく、曲を通して指導します。『ピーター…』では、その曲で学ぶ音楽の決まりごと(楽典)をその都度、解説しています。↓

—-『ピーターラビットと学ぶはじめてのピアノ教本1巻』より—-

ひとつずつ覚えながら、弾けるようになっていく…という感じです。
この教本の素晴らしさはそれだけではなく、表現面でも、テクニック面でも内容盛りだくさんです。間違いなく、私の指導の軸となる教本です。

と、この教本を語りだしたらキリがないので^-^;、今日はこのくらいで…。(私、それくらい信頼している教本です❣️)

もう少しお知りになりたい方はこちらをどうぞ↓

「子供たちにとっての良い教本とは?~小学3年女の子Mちゃん(高槻市)の感性の揺さぶり」

「キラッとした瞬間を見逃さない!~中1女の子Rちゃん(高槻市)」

「幼いからこそできます!~年長6才女の子Eちゃん(高槻市)」

「年長6歳女の子Eちゃんの1年の成長②~音で表現できて、すごい!」

レッスン→練習→… の繰り返し

そして、レッスンで習った事は必ず、お家での宿題、練習になります。1度は弾けるようにしてから「お持ち帰り」になります。何度も練習して、研いてきて欲しいのです。

そして、また来週、レッスンでその成果を聴かせて貰い、目的の内容が出来ていれば次のミッションにチャレンジしたり(※1)、○が貰えます。出来ていなければ、もう一度一緒にやって、お家に「お持ち帰り」…。厳しいようですが、妥協はできません。基本的にこの繰り返しです。

やはり、根気、忍耐が必要です。そうやってそれらを身に付けて、上達していきます。

次回も引き続き、レッスンで何をするかのお話です(※2)。

参考ブログはこちら↓

※1「素敵に音楽体験しました!~小2女の子Mちゃん(高槻市)」

※2「楽譜を読む力と音感をつけるために」

無料体験レッスン大歓迎です!ご希望の方はぜひこちらにご連絡ください。