こんにちは(*^^*)
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

「小学校の授業で、逆上がりをするのはどうして?」

先日、テレビ番組『チコちゃんに叱られる』で、問題にあげられていました。

頑張ってできるようになる体験

答えは、
「努力して、それが報われる体験をする」

へえぇ~。
単に、体育のカリキュラムの一環として、取り組まれているだけじゃないんだ、逆上がりにそんな深い意味があっただなんて!納得もしましたが、ちょっと、驚きも。

それにしても、やはり、成功体験っていうのは大切なんですねぇ。

確かに習得には努力が必要です

番組では、逆上がりのできない女の子が3日間、頑張って習得できるようにしていく様子が流れていました。専門家の指導のもと、その子は晴れて、できるようになりました!
まさに、努力が報われる体験です。

私も、逆上がり、習得に苦労した口です。公園で一生懸命、練習したのを数十年経った今でも覚えています。

逆上がりができた時の喜びは、ひとしお!何度も痛い思いをしたことも、悔しい思いも吹っ飛びます。
そうしたら、また別のチャレンジにも繋がるでしょう。

子供たちにそんな思いを!とする教育現場の考えもよくわかります😌。

結果、出来なくても効果がある

が、出来ない子供たちにしてみたら、つらいことになります。
何度やっても、できない。他のお友だちがどんどん出来ていく焦り(私、その部類でした💦)。それで、いつかできればいいけれど、絶対できる保証もなく…。
…結構、しんどい思いがありますね。成功体験どころか、苦い思い出になる可能性も大いにあります。
でも、その悔しさもまた、次の頑張りのエネルギーにもなり得ます。頑張った経緯は、決して無駄にはなりません。

ですから、できる、できない関係なく、そういう意味でも、取り組まれているのかもしれません。

ピアノはプチ成功体験の宝庫✴️

ピアノの練習も、多かれ少なかれ、逆上がりと同じです。
痛い思いこそしませんが、「できない、できない」の繰り返しになることはしばしば。

ですが経験上、ピアノの場合、「練習しているのに報われない」ってことはあまりなく、本当に努力した分だけ返ってきます。

ですからピアノでは、小さな「できた!」感をしょっちゅう味わえます。逆上がりと違い、味わい易いとも言えます。

メロディーが弾けた!「うれしい!」。
両手で弾けた!「やったぁ!」。
難しいリズムも弾けた!「はぁ~、たいへんだった!」。等々…

そして、プチ成功体験の後ろには、苦い練習時間も、必ず、くっついています😅。
でも、それで1曲弾けた達成感は、逆上がりができた時の気持ちと同じです。
ピアノでは間違いなく、これが何度も味わえるのです。

すぐできるのが良いこととは限らない

話は、戻って、
その、逆上がりを頑張る女の子の映像を見ていて、夫が言いました。
「俺、こんなに苦労したかな?すぐ、できた気がする」

😩💨まったく、嫌な感じ~。

憎たらしい感じもしますし、「できないちゃん」のやっかみと思われるかもしれませんが、
フンッ😠、すぐできてしまうのも、可哀想なもんです…。
だって、あの達成感、苦労して得られるうれしい気持ちを味わっていないんですから!
と思うと、苦労して習得することはまんざら悪いことでもありませんねっ😉。

そう思って、日々、子供たちのレッスンではこう思わざるをえません↓。
すぐにできなくていいんだよー、頑張れ✊、子供たち‼️

無料体験レッスンいかがですか?幼いお子さん達が来てくれてます!ご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。