こんにちは(*^^*)
寺田ピアノ教室(高槻市)です!

当ピアノ教室にご入会されて、2ヶ月目のKちゃんですが、一番最初の「ド」だけの曲、『ピーターのたいこ』もいよいよ合格に近づいてきました(※1)。

今日は、2拍子を感じて弾いてくる宿題でした。

※1こちらもどうぞ→「「ド」だけの曲から学ぶこと① ~あなどるなかれ、最初が肝心!」

ゆっくり、丁寧に

「2拍子を感じる」とは、1拍目を強く、2拍目を弱く弾きます。「ド」だけの曲ですが、音の長さをそろえて、一定の強弱をつけて弾くのは難しいことです。
お母さまからも、週の途中で連絡がありました。

そうなんです、今の段階で、速さは要りません。お母さまのおっしゃるように、「丁寧さ」が優先です。

丁寧に

いざ、弾いてもらうと、
<♪、>……
とっても、慎重、丁寧!
ちょっと、びっくりしました。
取り組み方が、真剣そのもの。頑張ってきてくれたんだねえ…。

弾き終わって、
私:「すごく良かったよ、先生、びっくりした!」
そばで見ていらしたお母さまも、
お母さま:「Kちゃん、先生、すごくよかったって!」
盛り上げて下さいます。
Kちゃん、めちゃくちゃ嬉しいお顔です。
私も嬉しい!
何度か弾いて、遂に、合格💮です!頑張りました!

次もまた「ド」だけ

次の曲へ。
と言っても、また「ド」だけの曲なんです(^o^;)。
何曲でも「ド」だけの曲ってあるのですが、
Kちゃんは、英語が好きなので、歌詞が英語の曲を選曲しました。
そしてその曲、「ド」と手拍子の曲なのです。ピアノを弾いたり、手拍子したり。忙しい…。

その手拍子の事を言うと、
Kちゃん:「たのしそう!」

そうなんです。たかが、手拍子と「ド」だけですが、楽しい曲です。
わかってくれて、ありがとう🎶。

目的は

2曲目も「ド」だけにしたのは、確認のため。
・楽譜が自分の目だけで追えているか
・音符も含め、左右の理解ができているか
・拍子感を持って弾けるか

1曲目でやったことのフィードバックをしながら、英語で歌って、楽しみましょう、ってことです!

やってみると、Kちゃん、左右の把握もできていますし、1曲目より長い曲ですが、左右に行き来する音符も目で追えています。

Kちゃん:「こんなの、か~んたん」
ふふ、Kちゃんの決まり文句♪(※2)。
私:「そっかー、じゃあ、強いとこと弱いところを作って弾いてきて」
今回は4拍子。どこを強くするかを楽譜に記入して、あとはKちゃんにお任せです。
練習してきてね。今週の2拍子のように丁寧にやれば、できます。
でも、楽しく弾くのは忘れないでね~

また来週。

無料体験レッスン大歓迎です!ご希望の方はぜひ!こちらにご連絡ください。

※2こちらもどうぞ↓

「こ~んなのかんたん♪~年少4歳Kちゃん(高槻市)」

「年少4歳女の子Kちゃん(高槻市)の今週のレッスン~「簡単すぎ~」の連発!」